1クラス4名までの中学部
選べる2つのコース

【公立中学校準拠クラス】
各教室のある公立中学校の準拠クラスです。こちらは、教科書準拠のテキストを使い学校の進度に合わせて授業をおこなっていきます。
【特進クラス】*中2・中3のみ
県内難関校合格を目指すクラスです。こちらは教科書準拠のテキストではなく、入試を目標においた実力養成のテキストを使用します。年間の通常授業回数は42回で県立高校一般入試に目標を置いた独自のカリキュラムを作成しています。また、春・夏・冬の講習では一学期間の復習と入試レベルの問題演習にも取り組みます。


月例模試

萌昇ゼミでは定着テストと全国模試を組み合わせて月例模試を行っていきます。定着テストは、授業の定着度を計るもので1ヶ月間の復習テストとなります。授業の中で行った問題を中心に出題しますので、授業にちゃんと出席をして自宅で復習をしていれば点数の取れるテストとなっています。全国模試は受験者数が約2万人の業者テストです。こちらは、全国平均点が50点前後と問題の難易度も高く、実力を計るテストとなっています。さらに、2年生の8月以降の全国模試においては、志望校判定がでますので、学校の枠にとらわれず全体の中での客観的な学力を把握することができます。また、月例模試において基準点以下の場合には再テストを行い、「授業」→「受験」→「解説」→「復習」→「再テスト」という一貫したシステムで学力の定着を図ります。


定期テスト対策

岡山県の県立高校入試は学力検査と調査書(内申書)によって合否が決まります。この内申書に大きく関係しているのが、中間・期末などの定期テストです。萌昇ゼミでは、日々の授業だけではなく定期テストもしっかりと対策をいたします。具体的には、テスト前には通常の授業に追加して5教科の対策をおこないます。尚、毎月の授業料以外の費用は必要ありません。