中高一貫校受験コース

全国的に公立中高一貫校の開設が相次ぎ、その人気も高まっております。

岡山県内でも、岡山市に操山中・岡山大安寺中、倉敷市に天城中、そして平成27年度には津山地区にも開校されます。

それらの中学校を受験する場合、学校で習っている内容をちゃんと理解するというのは勿論、少し特殊な問題に対応できるようにする必要性があります。

それは適性検査に対応する為です。

適性検査は資料を読み取って答える問題や自分の考えを記述する問題など、単に知識だけでは答えられない問題も多く、学校や塾でやる普通のテストとはかなり異なっている為、対策が必要となるのです。

萌昇ゼミにも、それらの学校への受験を希望されるご家庭が増えてきております。

2012年度までは、小学5年生の1月からのカリキュラムとなっていましたが、2013年度からは開始時期を早め、小学5年生の4月からのカリキュラムに変更となりました。

早い時期から取り組むことによって、基礎学力の向上を行いながら、同時に適性検査に向けてじっくりと対策を行うことが可能になりました。特に、記述問題に必要な表現力については長い時間をかけて養っていく必要がありますので、早い時期から受講することをお勧めします。

また、地元の塾ならではの情報をお話しさせていただく、保護者説明会も随時実施しておりますので、少しでも興味がありましたらご参加をご検討下さい。