1クラス4名までの高校部
指導カリキュラム

萌昇ゼミでは年間の通常授業回数を42回とし、大学受験に向けたカリキュラムを作成しています。また、春・夏・冬には講習を行い、一学期間の復習と発展問題演習を行います。


自習室の開放

高校生になると、圧倒的な勉強量が必要になります。具体的には、日々の授業の予習と宿題、週末課題、定期テスト前の提出課題など目の前にあるものだけでも結構な量です。それに加え、もちろん復習も行っていかないと定着しません。そこで、当塾では自習室を設けてこれらに対応します。学校の帰りに塾へ寄り、翌日の予習や宿題をそこで行う習慣が身につけば、自宅で行うよりも格段に効率もよくなります。


高校対応クラス

東備高校部は瀬戸高校、津山高校部は津山高校、笠岡高校部は笠岡高校の授業をベースに、授業の進度や使用テキストなどを検討して、指導カリキュラムを作成しています。もちろん、最終的な目標である大学受験を大前提としていますが、学校の授業との相乗効果を図る上でも、対象を絞ったクラスを開講しています。