1クラス4名までの小学部
公立小学校準拠クラス

学校の進度に合わせて授業をおこなっていきます。年間の授業回数は42回で、中学校への準備段階として、正しい学習習慣の定着を目標に指導します。また、春・夏・冬の講習では一学期間の復習を行うと同時に、弱点の補強もしていきます。


月例模試

萌昇ゼミでは定着テストと全国模試を組み合わせて月例模試を行っていきます。定着テストは、授業の定着度を計るもので1ヶ月間の復習テストとなります。授業の中で行った問題を中心に出題しますので、授業にちゃんと出席をして自宅で復習をしていれば点数の取れるテストとなっています。全国模試は受験者数が約2万人の業者テストです。こちらは、全国平均点が50点前後と問題の難易度も高く、実力を計るテストとなっています。また、月例模試において基準点以下の場合には再テストを行い、「授業」→「受験」→「解説」→「復習」→「再テスト」という一貫したシステムで学力の定着を図ります。尚、操山中学校受験対策クラスは対策テストも行います。